受金具 平型について

受金具(平型)は、家具背面に7.5mm以上の段差がある場合での使用に最適です。

家具の上部に受金具(平型)を取付けて壁掛けした場合、「段差+金具の厚み分」だけ家具の下側に隙間を作らないと家具が傾いてしまいます。

受金具(平型)を使用する際は、「受金具を取り付けた段差+3mm」のスペーサーをご用意ください。

※以下の取り付けイメージは、受金具(平型)の使い方を説明するため、あえて背面が平らな家具に段差を付けるための板を取付けています。

受金具(平型) 取付イメージ

受金具(平型) 取付手順

1.段差をつけるため板を取り付ける

寸法を測る

測った長さで印をつける

測った長さで木を切る

切った面に紙やすりをかける

ビス打ちする場所に印をつける

ドリルで下穴をあける

ビス止めする

正面

2.1で取り付けた板に受金具を取り付ける

受金具をビスで取り付ける

正面

3.スペーサーとしてゴム足を取り付ける

ゴム足を取り付ける

正面

4.2の受金具の間隔で壁側の壁美人金具の位置決めをする。
(受金具の中央~中央の長さをマスキングテープではかりカットし、それを取り付けたい壁に貼ります。)

受金具の中央~中央の長さをマスキングテープで測る

マスキングテープを切る

切ったマスキングテープを壁に貼る

5.壁美人金具を取り付ける
(マスキングテープの両端が壁美人金具の中央になるように取り付けます。)

マスキングテープの両端が金具の中央になるようにセット

金具を取り付ける

取付完了

マスキングテープを剥がす

6.壁美人金具に引っかけます

家具を取り付ける

完成(正面)

完成(横)

スペーサーの準備

家具の上部に受金具(平型・段型)を取り付けた場合、金具の厚み分だけ家具の下側に隙間が必要です。

※隙間を作らないと家具が傾いてしまいます。

隙間を作るためにスペーサーを使用します。

スペーサーの厚みは、状況によりそれぞれ異なりますので、都度ご用意ください。

スペーサーには何を使用してもよいのですが、以下に例をあげますので参考にしてください。

★スペーサーにゴム足を使用

ネジで止めるものや両面テープで止めるものがあります。

小さくて目立たず取付も簡単なため、スペーサーとしての使用に最適です。

厚さのバリエーションも豊富です。

ホームセンターで入手できます。

★スペーサーに当て木を使用

棚を自作した際などに、余った材料をスペーサーとして使う方法です。

手に入りやすい9mm ・ 12mmの板は、ちょうど差が3mmのため、受金具(平型)での使用に最適です。

また12mmの板は、受金具(段型)のスペーサーとしても活躍します。

カタログダウンロード

取扱店舗のご案内

カタログ通販でもお取扱いしています
千趣会 ベルメゾン
Sumutoco 2017年 春号
掲載ページ P260、261
千趣会 ベルメゾン
Sumutoco 2017年 夏号
掲載ページ P202
他ネット通販でもお取扱いしています
アクアリデオ
アクアリデオ
ベルメゾンネット通販
スタープラチナ
テレビ壁掛けショップ 本店
日東紡マテリアル
吸音パネル「サウンドマイルド」
詳しい商品についてのお問い合わせは
日東紡マテリア 住宅樹脂建材部
TEL:03-5210-1835 まで

有限会社アトズム

株式会社若林製作所